ホームゴルフレッスンマナーアップ講座
How to manner up 提供:月刊カジュアルゴルフ

コース到着〜スタートまでプレー中 コース上1プレー中 コース上2

Check Point 1 コース到着はスタート1時間前が理想。遅くとも30分前にはチェックイン。

ゴルフ場で朝食を摂ったり、練習場を利用する場合などはさらに早めの到着を。コース側も到着したキャディバッグを運び、カートに積み込んだりする作業で朝は大忙し。早めの到着は自分が余裕をもって準備できることに加え、ゴルフ場側にとってもありがたいことなのだ。

 

Check Point 2 上着の着用。納得がいかない場合も!?「郷にいれば郷に従え」の考え方で。

昔ほどうるさく言われなくなった「上着着用」のドレスコード。でも「なぜ上着が必要か?」という論議はさておき、メンバーシップのゴルフコースはメンバーの「家」のようなもの。ビジターはその「家」を訪問するわけだから、相手の都合に合わせるのがやはりスマートだ。カジュアルなジャケットを一枚車に積んで出かけるのが得策。

 

Check Point 3 ロッカールームでは爽やかな挨拶を。特にコンペなどでは心がけたいもの。

ゴルフ場に来ている人は、みなゴルフを楽しむために来ている。いわば共通の趣味を持っている仲間なわけで、ロッカーなどですれ違ったり、目が合ったら「おはようございます」と気持ちよく挨拶を交わしたいもの。特にコンペなどでは隣のロッカーを使っている見知らぬ人がその日の同伴者という可能性もある。気持ちのいい挨拶をかわしておけば、その後のコミュニケーションもスムーズだ。

 

Check Point 4 セルフプレーの場合は情報収集も大切。コースガイドの有無などを確認しよう。

セルフプレー、特に初めてプレーするコースなどではレイアウトがわかりづらいもの。スムーズにプレーするために、事前にコースガイドの有無を確認しておきたい。スタート前にマスター室などで聞けば教えてもらえるはずだ。

 

Check Point 5 携帯電話のコースへの持ち出しは厳禁。やむを得ない場合は取り扱いに要注意。

プレー中の携帯電話の使用は極力避けたいもの。もしやむを得ない事情でコースへ持ち出す場合、マナーモードは当たり前。同伴者にも事情を説明してひと声かけておきたい。また、クラブハウスのレストランでも席についたまま電話に出るのはマナー違反。席を立ち、人気のないところで電話に出よう。

 

Check Point 6 練習グリーンでは、先に練習している人のラインに割り込まないようにする。

週末のゴルフ場は練習グリーンも大混雑。そんな時、自分より先に練習している人にプライオリティがあるのは当然。カップに対してラインが交差するような無礼は慎もう。
人があまりにも多い場合は、カップのないところに仮想カップを見立てて練習するのが賢明。

 

Check Point 7 スタートホールには5分前集合が原則。ゆっくり準備をしてからスタートする。

スタート時間=集合時間と勘違いしているゴルファーは少なくない。スタート時間はあくまでもティーオフの時間。ひとつ前の組のスタート時間を目安にして、早めの準備に取りかかろう。そのほうが自分のプレーにも余裕が生まれる。但し、前の組の邪魔にならないように気をつけるべし。

 

Check Point 8 ポケットの中に予備のボールとティー、マーク&フォークを必ず携帯すること。

暫定球用のボールをはじめ、プレーに必要な小物をしっかり用意しておく。コース上で紛失してもいいように、ティーはなるべく木製のものがベター。ピッチマークを修復するグリーンフォークも間違いなく必需品だ。

 

Check Point 9 ティーグラウンドでの素振りは最少に。人の立っていない方へ向かって行なう。

ティーグラウンドはボールを打つ場所であって、練習の場ではない。カラダをほぐす程度の素振りは仕方ないとしても、なるべく最小限に。また、素振りをするときは周囲に人がいないことを確認し、必ず人のいない方向を向いて行なうこと。素振りでもダフれば小石などが飛ぶことがありとても危険だ。

 

Check Point 10 スタートホールのティーグラウンドはあくまでも前組の占有スペースである。

よく自分たちが打とうとしているティーグラウンドに平然と入ってくる後続組の無作法ゴルファーに出会う。しかし、そのティーグラウンドはその時プレーしている人たちの占有場所。他人の家に土足で上がり込むような失礼な行為はやめよう。

 
注目ワード