ホームゴルフライブラリ格言集「プロの一声」
格言集「プロの一声」

 
最新の格言
「飛ばしたかったらゆるく握れ」
(ジェリー・ジェームス/元ドライビング世界チャンピオン)

飛ばすために必要なのは腹筋と大腿筋だ。グリップは他人に引っ張られたらすっぽ抜けてしまうくらいゆるく握る。強く握るほど、腕力に頼りたくなってしまうからだ。

「ゴルフは100メートル走とマラソンがミックスされたスポーツ」
(金谷多一郎/プロゴルファー)

ゴルフのスイングは、始動からフィニッシュまで約2秒以内で行なわれる瞬発的な運動です。一方、1ラウンドは4時間程度の長丁場。瞬発力と持久力の相反する筋肉を正しく使わないと、最後までキレのあるスイングを続けることはできません。

 
「ゴルフはアップ・アンド・ダウン」
(ロジャー・クリーブランド/クラブデザイナー)

ティショットをどんなに曲げても、セカンドショットでグリーンに乗らなくても、アプローチショット1回でミスを帳消しにすることができる。またその逆もあります。山あり谷あり、それがゴルフです。

 
過去の格言
「ショートウッドはミドルアイアンのように振れ」
(片山晋呉/プロゴルファー)

ぼくは、ショートウッドをフェアウェイウッドとは思っていない。ミドルアイアンだと思って、そのようにスイングしている。

「不安と戦うスポーツ、それがゴルフ」
(深堀圭一郎/プロゴルファー)

練習場ではどんな球でも打てるし、どんなクラブも上手に使いこなせます。でも、肝心なのはコースでプレッシャーがかかったときに思ったように打てるかどうか。練習でもクラブフィッティングに完璧さを求めるのはそのためです。

「緊張するなら練習場で」
(川岸良兼/プロゴルファー)

練習では一球一球を大事にすること。コースでは緊張したら身体が動かなくなるので、練習でできたことでも失敗します。だから、普段から練習場でも緊張感を持ったまま打つようにして下さい。

「自分のヘッドスピードは知りません」
(細川和彦/プロゴルファー)

自分のヘッドスピードがどれくらいか知りません。ヘッドスピードは測らないことにしているから。だって測ったらがっかりしちゃうんじゃないかなと思って。それよりも自分の感覚を大切にしています。

「スイングを変えればクラブも変わる」
(米山みどり/プロゴルファー)

スイングを変えたらクラブも変えなくてはいけません。でも一人で考えていると煮詰まって、そのうち自分が悪いのかクラブが悪いのか分からなくなってしまうので、信頼できる人、私の場合は伊沢さんに相談にのってもらっています。

「真っ直ぐ打とうと思うな」
(平塚哲二/プロゴルファー)

風の強い日は、真っ直ぐ強い球を打とうとすればするほど、ボールはあさっての方向へ行ってしまう。どうせ曲がるんだから、ふわっとした優しい球を打とうと思ったときから、狙い通りに飛ぶようになった。

「上達するのはゆっくりでいい」
(鈴木亨/プロゴルファー)

一度に大きなことをしようとしてもうまくいきません。誰でも可能性は無限にあるし、ゴルフは歳をとってもできるスポーツなので、慌てないでゆっくり上達すればいいのです。

 
   
過去の格言
注目ワード