ホームゴルフニュース

最年少の三田真弘「今の実力まだまだ」ジュニアW杯

[ 6月16日  22時51分 配信 ]

<アマゴルフ:トヨタ・ジュニアW杯>◇最終日◇16日◇愛知・中京GC石野

日本代表チーム最年少の三田真弘(東京・代々木高1年)が、世界との壁にぶつかった。

フォローとアゲンストの風が吹き荒れる中、アイアンもパットも思うように打てず「ゴルフの状態がいいかどうかは、風が強く吹いていたから分からなかった。いろんな風が舞っていて読むのが難しかったですね」と苦戦。1バーディー3ボギー、通算2オーバーの73で「バーディーが1個しかなかった」と悔しがった。

16年の全国中学選手権大会の優勝者だが「世界のトップジュニアと回れて、今の自分の実力はまだまだ。タイやアメリカの選手はうまかった。このコンディションでもボギーが少なかった」と脱帽した。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード